メニュー

バーチャルオフィス渋谷で会社登記!格安でご提供します。

  • 会社設立にかかる費用

Cost会社設立にかかる費用

会社設立費用について

2006年に施行された新会社法により最低資本金制度が撤廃され資本金1円でも会社が設立できるようになりました。
では実際に「1円で会社が作れるのか」と言われれば答えはNoとなります。では現実問題として会社を設立するまでには一体どれくらいのお金が必要なのでしょうか。
会社設立に必要なお金についてご紹介します。

株式会社設立に関する法定費用

会社設立のためには定款の作成や登記書類の準備など、法律で定められた必ず発生する諸費用が一定額存在します。
「1円で会社が作れるのか」という質問の答えが「No」である理由はここにあります。20万円以上の金額が必要になるので注意しましょう。

紙の定款 電子定款
定款に貼る収入印紙代 40,000円 0円
定款の認証手数料 50,000円 50,000円
定款の謄本手数料 2,000円 300円(電磁的記録の保存手数料)
登記時の登録免許税※ 150,000円~ 150,000円~
合計 242,000円~ 200,300円~

※資本金額×0.7%が150000円を下回る場合:150000円
 資本金額×0.7%が150000円を上回る場合:資本金額×0.7%

法定費用以外に実際に必要な諸費用

設立に関する法定費用の他にも会社設立までにかかる諸費用があります。
こちらは法定費用と違い必要な金額の個人差が大きいので、自身の場合はどれくらいかかるのか予め確認しておきましょう。

設定した資本金 1円~
設立する会社の実印作成代 約5000円
印鑑証明書の発行費 450円×必要枚数
登記簿謄本の発行費 600円×必要枚数

オフィスを借りるときにかかる費用

会社設立の際に、定款の中で「本店所在地」を設定する必要があります。
本店所在地は「家賃などを抑えられる」というメリットから自宅を設定することも可能な場合がありますが、会社の信用の問題やプライバシーの問題からオフィスをレンタルする場合もあります。オフィスをレンタルする際の初期費用はおおよそ以下のようになります。

保証金/敷金 900,000円
礼金 150,000~300,000円
前家賃 150,000~225,000円
前共益費 30,000~45,000円
仲介手数料 150,000円
火災保険料 15,000 ~150,000円
保証会社保証料 75,000~150,000円
その他(鍵交換等) 10,000~30,000円
合計 148~195万円

当然上記の初期費用に加えて、毎月の賃料や共益費、管理費などもオフィスを契約し続ける限りは発生します。
賃貸のオフィスの他に、レンタルオフィスやシェアオフィスなどを本店所在地として設定することも可能です。
賃貸のオフィスと違い、一般的なレンタルオフィスは、共有スペースをパーティション等で個室に区切り、契約者だけの仕事用スペースとして利用できるようになっており、初期費用や賃料を安く抑えることが可能です。

レンタルオフィスの月額利用料

都内レンタルオフィス平均(概算) 賃貸オフィス(共益費込) (坪単価 15,000円 10 坪計算)
月額基本料金(オプション等は別途) 約30,000 円(東京都内平均) 150,000 円
その他月額 電話代行/郵便転送/ その他 各種利用料金 光熱費/水道代/インターネッ ト回線費用等

さらにオフィスに関する費用を抑える方法としてバーチャルオフィスが挙げられます。
バーチャルオフィスとは、実際にオフィスを構えることなく会社の登記情報等を得ることのできる新しいサービスです。
社屋を建てる、ビルを借りる、といった費用がかからないことから経費を大幅に削減することが可能となるため、ビジネスの幅を広げる際に多く活用されています。

例えば弊社が運営している「バーチャルオフィス VOE渋谷」の場合、登記情報の取得や郵便物管理を行なっているAプランで月額2750円(+税)という格安な金額からご利用が可能です。会社設立の際に「特に新しくオフィスは必要ないが、自宅を本店所在地として設定することができない」という方は是非一度「バーチャルオフィス VOE渋谷」をご検討されてみてはいかがでしょうか。

お申込み・内覧予約

※現在テレワークを実施しております。
こちらよりお問い合わせください。

Copyright(c) 2019 ELEMENT Inc. All Rights Reserved.