起業マニュアル画像
起業する前の準備 起業後に必要なもの 更なる事業展開

起業後に必要なもの

起業塾(マナー・セミナー等)

バーチャルオフィス画像001
これから会社設立を考えている人は幅広い範囲の知識が必要です。その知識を得る有効な手段として設立支援セミナーがあげられます。セミナーに参加する事は知識を得るのに有効な手段ですが、大した内容ではないのに高額な参加料を請求されるケースもあるので事前に調べておきましょう。 セミナー後は親睦会が行われる事も多い為、参加しておくと人脈も広がり他の経営者と情報交換が出来る為、自分のビジネスにも役立ちます。

ビジネスマッチングイベント

バーチャルオフィス画像001
新規設立を行って先ず行うのが新規開拓です。ですが新規開拓を行うのは簡単な事ではありません。そんな中で、比較的短期間で人脈を広げられるのが「交流会」です。参加するなら同業種の経営者が集まるものがお勧めです。逆に異業種交流会をは誰でも良いのでと、怪しい勧誘を行う人がいる場合もありますので注意が必要です。交流会に参加する際は、自身にあっているイベントを事前に調べて参加する事が大切になってきます。

ネット会議システム(スカイプ、ハングオン等)

バーチャルオフィス画像001
ネット会議システムとはPCやスマホの画面を通して、離れた場所に居る人とカメラを通して話が出来るシステムです。これにより今まで電話でしかやりとりが出来なかった物が、相手の表情を見ながら話が出来る為、話しの質が高くなります。 アポイントの都合でどうしても取引先へ訪問出来ない場合は、時間を事前に伝えておけばその場に居る様に話が出来ますので、忙しい経営者には非常に有効な手段として活用出来そうです。

フリーwifiエリア

バーチャルオフィス画像001
今はインターネットで簡単に情報を入手出来ますが、長時間ネットを使用したり動画を再生するなどをした場合、データ量を大幅に消費してしまいます。wifiモバイルを活用している人も多くなりましたが、持っていない人はフリーwifiエリアを活用する事でデータの消費量を抑える事が出来ます。訪問する取引先の近くや頻繁に行く場所の近くにあるフリーwifiエリアを覚えておいて損はありません。

助成金・補助金サイトへのリンク

バーチャルオフィス画像001
起業時の資金調達方法として、注目されているのが補助金や助成金です。基本的には返済不要なので、上手に活用出来れば非常に有効な資金調達方法になります。補助金・助成金とは公益上必要と政府が判断した時に民間や政府に対して交付する給付金の事です。補助金と助成金は同じように聞こえますが、実は「受給の難易度」と「申請期間」で分ける事が出来ます。どちらも原則後払いの為、即入金とならない点に注意が必要です。

経営本からの情報収集

バーチャルオフィス画像001
事業を新たに始める時に、会社を設立するか個人事業主で始めるかは迷い所です。会社方が改正され誰でも簡単に会社を作る事が出来るようになっても、それぞれのメリット・デメリットを理解している人は多くはないのが現状です。現在、様々な人が経営に役立つ項目や体験談を纏めたものを本にしています。この様な本を読む事で、事前にリスクを回避する方法が明確になったり売上を伸ばす為のヒントを得られたりします。

お問合せ・お申込み


Copyright(c) 2012 ELEMENT Inc. All Rights Reserved.